[ニューヨーク 4日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落し、ユーロは3年ぶり高値水準に迫った。好調な米指標などを受けた前日のドル上昇は続かなかった。

企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した昨年12月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が25万人増と、3月以来の大きな伸びを示した。エコノミスト予想の19万人増を上回った。

同指標を受け、ドルは一時対ユーロで下げ幅を縮小したほか、円に対して上げ幅を拡大した。ただ、こうした値動きは長く続かなかった。

市場の関心は、翌5日発表の12月雇用統計に向かう。非農業部門の就業者数の市場予想は前月比19万人増だ。

フォレックス・ドット・コムのFX調査部門責任者は、他の景気指標で底堅い雇用データが得られたことを踏まえ、20万━22万人増を予想。「このレンジ内かそれを上回れば、米連邦準備理事会(FRB)の楽観的な景気見通しや、今年利上げを行う方向性が確認しやすくなり、ドルの追い風となる公算が大きい」と話した。

ドル指数<.DXY>は直近で0.3%安の91.878。

ドルは対円<JPY=>で0.2%上昇して112.78円。強いリスク選好が追い風だ。

ユーロ/ドル<EUR=>はアジア時間で1.2005ドルの安値をつけたが、欧米時間で1.2089ドルまで上昇した。直近では0.5%高の1.2068ドル。

ビットコインは下げ幅を縮小し、ビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>の直近の取引で0.8%安の1万5007ドル。昨年12月半ばに過去最高値をつけてから約25%強下落。

ドル/円 NY終値 112.74/112.76

始値 112.59

高値 112.86

安値 112.60

ユーロ/ドル NY終値 1.2067/1.2069

始値 1.2061

高値 1.2089

安値 1.2056

(表はロイターデータに基づいています)