[ロンドン 5日 ロイター] - 英会計事務所BDOが5日発表した2017年12月のハイストリート(目抜き通り)の既存店小売売上高は2.3%減少した。ファッション関連が3.8%減となった。

BDOは「裁量的支出が圧迫される中、消費者は安易に買い物をしないようになっている」と述べた。英国では欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票を受けて、賃金の伸びが鈍化するなどしている。

一方、英国小売協会(BRC)の調査によると、12月の店頭価格は前年比0.6%下落。食品以外の商品の値引き幅が大きくなり、下落率は17年3月以来の大きさとなった。