[パリ 5日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した2017年12月の消費者信頼感指数は105と、ロイターがまとめたエコノミスト12人の予想平均(103)を上回った。

11月の指数は当初発表の102から103に上方改定された。

失業に対する家計の懸念が強まった一方で、経済状況全般に対する評価は2002年12月以来の高水準となった。