[キャンプデービッド(米メリーランド州) 6日 ロイター] - トランプ米大統領は6日、北朝鮮の金正恩委員長と電話で協議することに条件付きながら前向きな姿勢を示した。また、9日に開催される韓国と北朝鮮の会談の進展に期待を示した。

大統領別荘であるキャンプデービッドで記者団に語った。

金委員長の協議について、前提条件なしに行われることはないとしながら、「協議することに何の問題もない」と述べた。

9日の南北会談については、自らが圧力をかけ続けた結果と強調し、緊張緩和につながり外交上の突破口となる可能性を示唆。「彼らは五輪について話し合おうとしている。大きな始まりだ。わたしが関与していなければ、協議は実現していなかっただろう」と述べた。