[ワシントン 8日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は8日、連邦準備理事会(FRB)が金融政策決定の新たな枠組みに物価水準目標を採用することは、将来のリセッション(景気後退)を予防する一助になり得るとの見解をあらためて示した。

ウィリアムズ総裁は、物価水準目標の提示は「実際のところ、さらなる刺激策を確約しているのに等しい」と語った。