[上海 9日 ロイター] - 中国政府が2017年に閉鎖した「有害」サイトが12万8000件に上ることがわかった。新華社が8日、政府公表データを基に報じた。

報道によると、3090万件の違法出版物が2017年に押収され、1900人が刑罰に処されたという。

中国政府は「社会の安定性」を維持するための施策の一環として、インターネット・コンテンツに対する規制を強化している。

また学問の世界における規制強化の一環として、海外メディアに対し、チベットや台湾、1989年の天安門事件などに関する情報を掲載した機密文書などへのアクセスを停止している。