[ソウル 9日 ロイター] - 韓国統一省高官によると、北朝鮮は9日、この日南北軍事境界線がある板門店で行われた南北高官級会談で、来月の平昌冬季五輪に政府高官・選手団・応援団を派遣すると表明した。

韓国は、北朝鮮の参加を円滑にするために、必要なら同国に対する制裁措置の一時解除を検討する方針だ。

北朝鮮の政府高官が韓国側と正式な協議を行ったのは、2015年12月以来2年以上ぶり。北朝鮮がミサイルや核実験を拡大したことを受け、韓国は北朝鮮政府高官の入国を一方的に禁じていた。だが、韓国の一部高官は、冬季五輪が両国関係の雪解けにつながる可能性があるとみている。

韓国外務省の魯圭悳広報官は、北朝鮮の参加を支援するために国連安全保障理事会や関係各国と協力して「事前措置」を講じる必要があるかどうか検討すると述べた。

9日の協議で韓国側は、朝鮮半島の緊張緩和に向けた南北軍事協議の開催と、来月の旧正月までの南北離散家族の再会を提案。冬季五輪の開会式で南北の選手団が一緒に行進することや、開催期間中に他の共同活動を行うことも提案したという。

協議は午前10時、板門店の韓国側施設「平和の家」で開始。韓国代表団の千海成・統一省次官によると、同国は核開発プログラムを巡る交渉再開を提案したが、北朝鮮から具体的な反応はなかった。ただ、北朝鮮は対話や交渉を通じた両国の和解促進を受け入れる姿勢を示したという。

北朝鮮代表団を率いる祖国平和統一委員会の李善権委員長は「われわれはきょう、対話がかけがえのない結果をもたらすことを強く希望している同胞に新年最初の贈り物をするため、ここへ来た」と述べた。

*内容を追加します。