ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

日本製パソコンは海外の驚異的な安売りに太刀打ちできるか!?

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第41回】 2008年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先日、NECがパソコンの値上げを検討するという報道があった。原燃料価格高騰のあおりを受け、さまざまな商品が値上がりしているにもかかわらず、低価格競争に陥っているパソコンは、これまで大幅な値下がりを続けてきた。メーカー各社は、さぞかし苦しいことだろう。

海外のパソコン販売店では、パソコンが驚異的な安さで売られている。日本製品はまだまだ高い。

 だが、事情はそう単純ではない。僕は8月にシンガポールと米国に出張した。それぞれの国でパソコン販売店をウォッチした結果、見えてきた「価格」のトレンドをご報告しよう。

 一言で言えば、日本のパソコンは現時点でも高すぎる。日本のパソコンは、店頭モデルで10~12万円程度の価格帯がまともに使える下限のクラスだ。つまり、台数的に最も売れているボリュームゾーンである。

 ところが、シンガポールと米国で量販店を覗いて驚いた。中心となる価格帯は、日本円で6~8万円程度なのである。

 両国には日本のような高価なテレビパソコンが存在しないので、平均価格はとても低く感じる。10万円を超えるノートパソコンは1割程度に留まっている。やや高性能なデスクトップは、10万円を超える液晶付属モデルが目立つとはいえ、こちらも液晶の付いていない機種は、想像を絶するほど安い。

驚異的に安い現地のパソコン
17型液晶付きが800ドル以下!

 米国の知人が入手してくれた、新聞の折り込みチラシから、現地の実勢価格をご紹介しよう。具体的な店舗名は控えるが、どちらも超大手量販店のノートパソコンの価格だ。

・コンパック 15.4型液晶 DUAL-CORE T2390 2GBメモリー 429ドル
・HP 17型液晶 AMD Turion 64×2 3GBメモリー 649ドル

 もはや「驚異的」としかいいようがない。後者は、なんと17型液晶である。だが、「DV9910US」という型番で検索してみれば、この価格にうなずいてしまうだろう。多くの量販店が、800ドル程度で販売しており、649ドルも“並のバーゲン価格”でしかないのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧