[パリ 9日 ロイター] - フランス税関が発表した11月の貿易収支(季節調整済み)は57億ユーロ(68億2000万ドル)の赤字となり、前月の53億ユーロから予想外に赤字幅が拡大した。輸出の落ち込みが輸入の減少幅を上回った。

ロイター調査では47億ユーロへの赤字縮小が予想されていた。

10月の赤字は当初発表の50億ユーロから改定された。

11月の輸出は航空部門と自動車部門の減少が響き、前月比1.6%減少。輸入は0.5%の減少だった。

一方、フランス中央銀行が発表した11月の経常収支赤字は33億ユーロで、10月の26億ユーロから赤字幅が拡大した。