[ブリュッセル 9日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した11月のユーロ圏失業率は8.7%に改善し、2009年1月以来の低水準となった。10月は8.8%だった。11月のユーロ圏失業者数は1426万3000人で、前月から10万7000人減少した。

ただ、失業率は国によって大きな差があり、ドイツが3.6%なのに対し、ギリシャは20.5%(9月値)。また、スペインが16.7%、イタリアも11.0%となっている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)