panasonic
有機ELテレビのイメージ

 パナソニックは現地時間1月8日、米国ラスベガスで開催される「CES 2018」に向けてワールドワイド向けの新製品群を発表した。日本での発売などは未定。

新しいハイダイナミックレンジ規格に対応する
4K有機ELテレビ

 4K有機ELテレビは「FZ950」シリーズと「FZ800」シリーズを6月に欧州で発売。2017年9月に発表された「HDR10+」規格に対応し、シーンごとのメタデータを参照してコントラストなどを補正する。

 また、暗め/明るめのシーンでそれぞれ最適化した「3D-LUT(ルックアップテーブル)」により、シーンごとの色とコントラストの表現力をさらに高める。

 FZ950は同社の高級オーディオブランド「テクニクス」の音響技術を採用する。

音声で操作できるBDプレーヤー

panasonic
「DP-UB820」

 Blu-ray Discプレーヤーは「DP-UB820」「DP-UB420」「DP-UB330」「DP-UB320」の4機種を発表。UB820は4月、そのほかは5月に欧州で発売予定。

 UHD Blu-rayの再生が可能で、HDR映像をテレビに合わせて最適化する「HDRオプティマイザー」を新たに搭載。UB820とUB420はHDR10+のメタデータにも対応し、UB820はDolby Visionにも対応する。

 UB820とUB420はGoogleアシスタントおよびAmazon Alexaによる音声操作が可能だ。

世界最高の回転安定性を実現したターンテーブル

panasonic
テクニクスブランドのターンテーブル

 テクニクスブランドでは、アナログレコードのターンテーブル「SP-10R」「SL-1000R」を今春欧米で発売予定。新開発のコアレス・ダイレクトドライブ・モーターにより世界最高レベルの回転安定性を実現したという。

動画一眼「GH5」の高感度撮影モデル

panasonic
「DC-GH5S」

 デジタルカメラは「DC-GH5S」を2月に欧米で発売。型番からしてミラーレス一眼「GH5」の派生モデルのようだが、「デュアルネイティブISOテクノロジー」という新しい機能を搭載。詳細は不明だがLUMIX史上最高の高感度画質を実現したという。

 また、デジタルシネマ解像度である「Cinema4K」(4096×2160)での60p動画記録や4:2:2 10bitで記録(30p)にも対応する。

ビデオカメラやスマートスピーカーなども発表

panasonic
「HC-WXF1」

 ビデオカメラは4Kモデル「HC-WXF1/VXF1」「HC-VX1」とフルHDモデル「HC-V800」を今春から欧米で発売する予定。

 新開発の1/2.5インチ 裏面照射型MOSセンサーとF1.8 ライカディコマーレンズを組み合わせることで低照度撮影の性能が大幅に向上している。

 このほか、Googleアシスタントに対応したスマートスピーカーや、夜でもカラーで表示できるホームモニタリングシステムなども発表。CES会場で展示する予定だ。