[ニューヨーク 9日 ロイター] - 9日ニューヨーク市場の原油先物価格は堅調。米WTI原油先物は2014年12月以来の高値を付けた。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産のほか、米原油在庫が8週間連続で減少したとの見方に支援された。

米WTI原油先物<CLc1>は1.23ドル(2%)高の1バレル=62.96ドルで終了。一時は14年12月以来の高値となる63.24ドルを付けた。

北海ブレント先物<LCOc1>は1.04ドル(1.5%)高の1バレル=68.82ドルで終了。一時は15年5月以来の高値となる69.08ドルを付けた。

終値ベースでみると、双方の先物価格ともに14年12月以来の高値。