[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米政権は、欧米など6カ国とイランによる2015年の核合意に基づく米国の対イラン制裁停止を続けるかどうかを12日に決定する。国務省報道官が9日、会見で明らかにした。

報道官によると、制裁停止の継続を巡る議論は続いており、トランプ大統領は週内にティラーソン国務長官、マティス国防長官とホワイトハウスで協議した後、判断を下す見通し。