東京理科大学学長の藤嶋昭氏が、2017年度「文化勲章」を受章した。
藤嶋氏が開発した「光触媒」は、今年で発見50周年を迎える。
東海道・山陽新幹線「のぞみ号」の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建て、日光東照宮の「漆プロジェクト」から、ルーブル美術館、クフ王の大ピラミッド、国際宇宙ステーションまで、光触媒の用途はとどまることを知らない。日本だけでなく世界へ宇宙へと広がっているのだ。
2020年東京五輪で「環境立国」をうたう日本にとって、光触媒は日本発の世界をリードするクリーン技術の生命線。酸化チタンに光が当たるだけで、抗菌・抗ウイルス、防汚、防曇、脱臭、大気浄化、水浄化など「6大機能」が生まれるので世界中で重宝されている。これからの時代、文系、理系を問わず、光触媒の知識が少しあるだけで、あなたは羨望の眼差しを受けるかもしれない。文化勲章受章まもなく発売され、注目を集めている『第一人者が明かす光触媒のすべて――基本から最新事例まで完全図解』の著者を編集担当が直撃した(構成:寺田庸二)。

2004年に開発された光触媒コンテナ

藤嶋 昭(Akira Fujishima)東京理科大学学長 1942年生まれ。2005年、東京大学特別栄誉教授。2010年、東京理科大学学長(現任)。【おもな受賞歴】文化勲章(2017年)、トムソン・ロイター引用栄誉賞(2012年)、The Luigi Galvani Medal(2011年)、文化功労者(2010年)、神奈川文化賞(2006年)、恩賜発明賞(2006年)、日本国際賞(2004年)、日本学士院賞(2004年)産学官連携功労者表彰・内閣総理大臣賞(2004年)、紫綬褒章(2003年)、第1回The Gerischer Award(2003年)、日本化学賞(2000年)、井上春成賞(1998年)、朝日賞(1983年)など。オリジナル論文(英文のみ)896編、著書(分担執筆、英文含む)約50編、総説・解説494編、特許310編。

 青果物、鮮魚、花卉など、様々な生鮮商品が国内線、あるいは国際線の空路で輸送されています。生鮮商品の輸送において最も重要なことは、いかに鮮度を保てるかです。

 野菜や果物の中には、そのもの自身が呼吸時に放出するエチレンガスによって、鮮度が著しく低下するものがあることが知られています。

 その他の商品も、空気中に存在するカビや細菌類が増えると、腐敗が進み、臭気を発する原因ともなります。

 こうした問題を低減し、なるべく生鮮品の鮮度を保って空輸するために、光触媒つきの航空コンテナ(エアカーゴ)が開発されています。

 JALCARGOでは、2004年から光触媒コンテナを利用しています。
 これによって、たとえば早朝に佐賀県で採れた高熟度のイチゴを、福岡―羽田便のエアカーゴを利用して、その日の夕方には東京都内のスーパーの店頭に並べることができるようになりました。
 これは、光触媒技術が航空輸送に導入された世界初の取り組みで、輸送方法をPRするために新たなロゴマークも作られました。さらに、経済成長の著しいアジア各国に向けて、日本の高級果物としてイチゴ、メロン、サクランボ、モモ、リンゴなどを輸出することへとつながっています。

 光触媒を発見して今年で50周年。いまや東海道・山陽新幹線の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建てからクフ王の大ピラミッド、ルーブル美術館、国際宇宙ステーションまで、その活躍の場は多岐に及んでいます。
 本書には、その基本から最新事例まで140点以上の図表と写真が掲載されています。ぜひご一読いただければと思います。