[ヤンゴン 10日 ロイター] - ミャンマーの検察当局は10日、同国で取材中に拘束されたロイターの記者2人について、国家機密法違反の罪で起訴した。記者らの弁護士が明らかにした。

有罪になると、最高で14年の禁錮刑が科される可能性がある。

ミャンマー西部ラカイン州のイスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたロイターのWa Lone記者(31)とKyaw Soe Oo記者(27)は昨年12月12日、警官らの招きで夕食を共にした後、当局に身柄を拘束された。