[マドリード 9日 ロイター] - スペインのデギンドス経済相は9日、今年の経済成長率見通しを従来の2.3%から2.5%以上に引き上げると述べた。デギンドス氏は、スペイン・インベスター・デーに開かれた会合で「次の予算に伴う予想には、経済成長率見通しの上方修正が確実に含まれる。明らかに2.5%を上回る水準となる」と述べた。

スペインは昨年10月、カタルーニャ自治州をめぐる昨年の政治危機を受けて2018年の成長率見通しを引き下げたが、政府は問題が解決した場合は予想を上方修正するとしていた。