ソニー
プレスカンファレンスに登壇したソニーの平井一夫社長兼CEO

 ソニーは現地時間1月8日、「CES 2018」の開幕に先立ってプレスカンファレンスを開催。例年と同じく開幕前に展示ブースを公開した。

 新製品として4K有機EL/液晶テレビの新モデルやXperiaの最新モデル、ロボット犬「aibo」などの製品を発表。

ソニー
2017年を振り返る製品として「α9」を紹介
ソニー
PlayStation 4が7360万台、PlayStation VRの販売台数も公開

 プレスカンファレンスに登壇したソニーの平井一夫社長兼CEOは2017年を振り返り、業績としても好調に終えた事を報告するとともにデジタル一眼の「α9」や「RX0」の発売し、PlayStation 4が7360万台、PlayStation VRが200万台を突破した実績を言及。

ソニー
ソニーピクチャズのヒット映画も紹介
ソニー
「ブレードランナー2049」は特にレビュアーのコメントとともに紹介
ソニー
ソニー・ミュージックからもヒットアーティストを紹介

 また、ソニー・ピクチャーズの映画やソニー・ミュージックのアーティストからもヒットした作品を紹介した。

ソニー
2018年も引き続き「感動」をテーマに製品を送り出す

 2018年への取り組みとしては、ソニーの近年のテーマである「感動」を届ける製品、そしてユーザーの感性に訴える「ラストワインインチ」を改めて強調した。

有機ELテレビや4Kテレビの新機種を発表
8K対応の新高画質プロセッサーも

ソニー
4K有機ELテレビの「A8Fシリーズ」。プレスカンファレンス終了後にはいち早く実機が披露された

 ソニーが2018年の冒頭の紹介したのは、4K有機ELテレビの「A8Fシリーズ」だ。薄型テレビとしての作りは2017年発売の「A1シリーズ」に近く、高画質プロセッサーの「X1 Extreme」、音響システムに画面から音を鳴らす「アコースティックサーフェス」を搭載。新たにHDRの規格はDolby Visionにも対応する。

 米国では5月頃発売で65型は3500ドル(39万円)程度、55型は2500ドル(28万円)程度。

ソニー
有機ELテレビについて説明する平井社長
ソニー
4K液晶テレビ「X900Fシリーズ」を発表

 液晶テレビも4K液晶テレビ「X900Fシリーズ」を発表。高画質プロセッサ「X1 Extreme」とともに、バックライトの点灯を最適化する新技術の「X-Motion Clarity」を搭載し、動画応答性能を向上。

 米国では3月頃から順次発売予定で、85型は6000ドル(67万円)程度、49型は1000ドル(11万円)程度となる。

ソニー
次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」は8K対応
ソニー
ブース内では10000nitsの映像を上映してデモ

 また、次世代の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」のプロトタイプを発表。X1 Extremeの約2倍のリアルタイム画像処理能力を備えており、8K信号にも対応。

 独自のバックライト技術を組み合わせることで8K/HDRコンテンツのリアルタイム処理と、最高値10000nitsという現在の放送の100倍にもなる輝度での表示に対応する。

ソニー
3.1chサウンドバーとして初のDolby Atmos対応となる「HTZ9F」を発表
ソニー
完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」も発表した

完全自動運転を見越したイメージセンサー開発

ソニー
「皆さんが使っているソニー製でないスマートフォンにも入っている」と紹介されたイメージセンサー
ソニー
ソニーのセンシング技術が自動運転で用いられる
ソニー
イメージセンサーを提供する自動車関連のパートナー企業

 プレスカンファレンスで大きく扱われたカテゴリーがイメージセンサーだ。ソニーは完全自動運転社会を見越した車載向けイメージセンサーを紹介し、パートナーに提供を開始していることを発表した。

「aibo」の復活を世界のメディアが歓迎

ソニー
海外メディア向けにも「aibo」復活を発表
ソニー
新aiboのかわいい姿に歓声が上がっていた

 プレスカンファレンスの最後に発表されたのが、ロボット犬の「aibo」復活だ。

 日本では2017年11月に発表済みだが、海外の報道陣の前では初披露となり、子犬のように優しく抱える平井社長の姿に、報道陣も「aibo」の復活を歓迎ている事を伺わせた。