[東京 11日 ロイター] - ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>は11日、ハンガリーにリチウムイオンバッテリー工場を建設すると発表した。欧州で需要拡大が見込まれる自動車始動用バッテリーを製造する。

当初は日本で製造したリチウムイオン電池(セル)の組み立て拠点とするが、将来的にはセルの製造も検討する。

投資額は日本の投資も含めて40億円。2019年夏の稼働を予定しており、同年11月から欧州の大手自動車メーカー向けに供給を始める。

初期の生産能力は年間50万個。

(志田義寧)