ソフトバンクは1月11日、冬春商戦向けの新製品「DIGNO ケータイ2」(京セラ製)を発表した。発売は1月19日。

 IPX5/IPX8の防水とIP5Xの防じんに対応し、米国国防総省基準MIL-STD-810G規格にも準拠した耐衝撃性能を備えるフィーチャーフォン。バッテリー容量は1700mAhで1週間以上の電池稼動をするほか、充電を85%に抑えて電池の劣化を軽減する「バッテリーケアモード」にも対応する。レシーバーは従来モデル「DIGNO ケータイ」より大きな「でか受話音」を搭載し、通話相手の声をより大きくはっきり聞けるという。

 本体にはコミュニケーションアプリ「LINE」や、タブレットとの連携を可能にするアプリ「連携しよう」をプリインストール。着信やメール受信といった通知をタブレットで確認できるという。さらにワイドFM対応のFMラジオや、よく使う機能などをワンタッチで起動できる「カスタマイズキー」、歩数計などを搭載。パッケージには置くだけで充電ができる卓上ホルダーが同梱される。

softbank
ホワイト
softbank
左からピンク/ブルー/ブラック