[メキシコシティ 11日 ロイター] - メキシコのペニャニエト大統領は11日、米国、カナダ、メキシコがそれぞれの利益のために北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を妥結することができるとの楽観的な見方を示した。

大統領は「3カ国に恩恵をもたらすNAFTA再交渉の妥結について楽観視している」と述べた。

次回の協議は今月下旬にモントリオールで開催される。