[北京 12日 ロイター] - 中国税関総署が発表した2017年12月の貿易統計は、輸出入(ドル建て)ともに、前年比で予想外に伸びが加速した11月から勢いが鈍った。金融リスクや産業公害への政府の取り締まりが続く中、中国経済が失速している兆候が示された。

12月の輸出は前年比10.9%増と、アナリスト予想(9.1%増)を上回った。11月は12.3%増だった。

<輸入、2016年12月以来の低い伸び>

一方、輸入は前年比4.5%増となり、2016年12月(3.1%増)以来の低い伸び。アナリスト予想(13.0%増)を大幅に下回った。11月は17.7%増だった。

オックスフォード・エコノミクス(香港)のエコノミスト、ルイス・クイジス氏は「金融・財政政策の緩やかな引き締めと不動産の失速により、中国の内需と輸入は2018年に減速するだろう」と語った。

税関総署の報道官は、昨年の輸入額の伸び率の半分は価格上昇によるものと指摘、通商の力強い拡大が続くとは見込みにくい、とした。

エコノミストは、12月の中国の輸入の伸びは完全に価格が原因だとみており、数量ベースでは前年同月比で減少したと推定している。

税関によると、電子機器とハイテク製品の輸入は、11月は前年同月比15%超増加していたが、12月は伸び率が1桁台に鈍化した。

キャピタル・エコノミクスの中国担当シニアエコノミスト、ジュリアン・エバンズ・プリチャード氏は「輸入数量は先月、季節調整済み前月比で6.8%減少した。貿易統計は振れが大きいことが多いとはいえ、約2年ぶりの大幅減は昨年末に内需が鈍化したサインだ」と述べた。

<対米貿易黒字、過去最高を更新>

12月の貿易収支は540億ドルの黒字で、2016年1月以来の高水準となった。

11月の貿易収支は402億1000万ドルの黒字。エコノミストは12月の貿易黒字が370億ドルに縮小すると予想していた。

2017年通年では、輸出が7.9%増で2013年以来の高い伸び。輸入は15.9%増加し、2011年以来の高い伸びだった。

2017年の対米国の貿易黒字は2758億1000万ドルと、過去最高を更新した。同年12月の対米貿易黒字は255億5000万ドルで、黒字幅は前月の278億7000万ドルから縮小した。

トランプ米政権は中国の対米貿易黒字を問題視している。

*内容を追加します。