CES
4色のカラバリがスポーティーなソニーの「WF-SP700N」

 米国・ラスベガスで開催中の「CES 2018」の会場にはオーディオ関連の出展も多い。日系ブランドを中心に注目製品をブランド別に紹介していこう。

完全ワイヤレスのスポーツイヤフォンが目玉のソニー

 CES 2018で多岐に渡るオーディオ製品を発表したのがソニーだ。目玉モデルが完全ワイヤレスイヤフォン第2弾となる「WF-SP700N」。ソニーの完全ワイヤレスイヤフォンとして「WF-1000X」に続くとともに、IPX4防滴対応というのがポイント。スポーツ用の大きめのイヤフォンで装着感を高めている。

 WF-SP700Nのサウンドチューニングは「EXTRA BASS」をベースとした重低音サウンドで、WF-1000Xとは性格の異なるチューン。

 外音取り込み機能に対応し、コーチングを受けながら音楽を聴く用途も考えられるとのこと。なお、WF-1000Xにあった行動検出によるノイズキャンセルモード切り替えの機能は省略されている。米国での価格は179ドル(約2万円)で、WF-1000Xよりもお手頃だ。

CES
ノイズキャンセリング対応ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「WI-SP600N」は149ドル(約1万6500円)

 ワイヤレスの新モデルには、ノイズキャンセリング対応ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「WI-SP600N」、ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「WI-SP500N」も登場している。

CES
有線タイプではハイレゾヘッドフォン「MDR-1AM2」が初登場

 ワイヤレスの新製品に混じって、ハイレゾヘッドフォン「MDR-1AM2」も299ドル(約3万3000円)で新登場。

 大ヒットヘッドフォンの「MDR-1A」をベースに、ハイレゾ対応の新開発40mmドライバーを搭載し、フィボナッチ数列を参考にしたグリルをMDR-Z1Rから継承している。

 デザイン面でもハウジングがややスリムに刷新され、標準で4.4mmバランス端子ケーブルが付属することもぜいたくなポイントだ。

CES
ドルビーアトモス対応のサウンドバーも新機種が登場。価格は3.1ch機の「Z9F」が899ドル(約10万円)で、2.1ch機の「X9000F」が599ドル(約6万6000円)

 ソニーはほかにも「ドルビーアトモス」対応の3.1chサウンドバー「HT-Z9F」と、2.1chの弟分「X9000F」も発売。ソニーらしい行き届いた製品ラインナップを展開していく。

JVCも防水完全ワイヤレスイヤフォンを公開

CES
JVC初となる完全ワイヤレスイヤフォン「HA-ET90BT」

 日本のヘッドフォンメーカーでは、JVCも自社ブースで完全ワイヤレス方式のイヤフォン「HA-ET90BT」を披露。

 スポーツ仕様のモデルで、IPX5の防水に対応。3ポイントで支える構造で装着の安定性を確保している。HA-ET90BTはアメリカで3月頃の発売を予定し、価格は149.95ドル(約1万6000円)。

米国トレンドでワイヤレスとアナログを攻めるオーディオテクニカ

CES
「ピュア・デジタル・ドライブ」対応の「ATH-DSR5BT」は399ドル(約4万4000円)

 オーディオテクニカも、イヤフォンやアナログオーディオの新製品をCES 2018で初披露している。

 ヘッドフォンで先行している、フルデジタル伝送ワイヤレスの「ピュア・デジタル・ドライブ」テクノロジーを搭載したネックバンドイヤフォン「ATH-DSR5BT」を展示。

 デジタル信号処理技術「Dnote」をベースにしたDDC駆動回路を搭載した初のイヤフォンとしても注目されている。2つのダイナミック型ドライバーによるプッシュプル駆動方式構成も同社らしい設計。ワイヤレス伝送はaptX HDにも対応する。

CES
ノイズキャンセル対応の新製品「ATH-ANC700BT」

 ノイズキャンセルヘッドフォンの米国向けブランド「QuietPoint」シリーズのワイヤレス版として登場する製品が「ATH-ANC700BT」だ。

 価格は199ドル(約2万2000円)。40mm口径のハイレゾ対応ドライバーを搭載し、BluetoothコーデックはaptXとAACに対応する。

CES
ターンテーブルの「AT-LP7」を初披露

 米国で特に人気の高いアナログレコード再生には、799ドル(約8万9000円)のミドルレンジモデル「AT-LP7」を新たにラインナップ。

 ベルトドライブ方式のアナログターンテーブルで、40mm厚のMDFに本体のシャーシで高級感あるデザイン。速度センサーを搭載するモーターにより回転速度を正確にキープする。

Technicsは超弩級のハイエンドターンテーブルを復活

CES
銘器SL-10の再来となる「SP-10R」とターンテーブルシステムの「SL-1000R」

 アナログの世界として忘れてはならないのがパナソニックの「Technics」ブランドの展開。「リファレンスクラス」の新モデルとして、ターンテーブル「SP-10R」、ターンテーブルシステム「SL-1000R」が正式発表された。

 新開発の「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」を搭載してトルクを強化。プラッターはデッドニングラバー、アルミニウムダイキャスト、タングステン製という豪華な設計だ。

CES
素材にまで最先端の技術と贅を尽くした設計

 マグネシウムパイプを用いた高感度トーンアームや、異種素材を組み合わせた高剛性筐体を採用している。制御ユニットはメインユニットから分離した別筐体で、新開発の「不要ノイズ低減回路」を搭載し、ノイズ低減も図った豪華仕様だ。

 SL-1000Rは、S字型のユニバーサルトーンアームを備えたターンテーブルシステム。高減衰特性を持つマグネシウムパイプをアーム採用し、日本人職人が組み立てと調整を行なう徹底ぶりだ。

 発売はこの春で「SP-10R」は10000ドル(約111万円)前後、「SL-1000R」は20000ドル(約222万円)前後と価格も超弩級。だが、Technicsブランドを代表するアナログ銘器の再来だけに、マニアなら復活が待ち遠しい新製品だ。