VOXの「Adio Air」シリーズは、Bluetoothスピーカーとして結構イケていることがわかった。

 アンプシミュレーター内蔵のギターアンプであるにも関わらず、普段使いの卓上オーディオとして優秀だ。特に独自開発というサラウンド機能「Acoustage」の、まるで容赦ない利き方は素晴らしいの一語に尽きる。繰り返そう。素晴らしい。

 で、今回はギターをつないでみた。ギターやベースを鳴らすのが主たる用途なので、やってみないわけには行かないのである。

ギタリストならこれ一台でOK VOXアンプ「Adio Air GT」が安い

 ところが私はベースがほとんど弾けないため、説明はギター用のAdio Air GTが中心。知ったかでベース用のAdio Air BSについて書いたところで、ベーシストのみなさんは変態的に物知りであり、すぐにバレる。あしからず。

本体で扱える機能はごく一部

 さて、パネル上で選べるシミュレーターのアンプモデルは全11種。メーカーとしては、はっきりと書けないのだろうが、もはやバレバレの暗号と化した以下のような文字列が、左ロータリースイッチ周辺にプリントされている。

DELUXE CL
AC30
BTQ CL
AC30 TB
BTQ OD
TEXAS LEAD
BRIT 1959
BRIT 800
BRIT VERB
DOUBLE REC
FLAT

ギタリストならこれ一台でOK VOXアンプ「Adio Air GT」が安い

 VOXの製品だから、AC30に力点があるのは当然として、フェンダー、マーシャル、クリーンにハイゲイン方面もカバーしている。このうちおもしろいのは「TEXAS LEAD」。フェンダーのブラックフェイスにチューブスクリーマーを足したもののようで、要するにSRV仕様だ。アンプを忠実に再現するだけではない、実用に即した(?)設定である。最近のVOX製品らしい。

 このアンプモデルの後にエフェクトが2スロット。FX1がコーラス/フランジャー/フェイザー/トレモロのモジュレーション系4種、FX2がアナログディレイ/ワイドディレイ/スプリングリバーブ/ホールエコーの残響系4種。

 しかし、こうした本体で選べるアンプモデルやエフェクトは、全体の一部に過ぎない。VOX謹製アプリ「Tone Room」からアクセスすることで、アンプモデルは全23種、エフェクトは全19種に増える。細かいパラメーターも設定できる。必ずダウンロードしなければならない。

「ギタリストならこれ一台で」仕様

 Tone Roomはほぼ必須のアプリとあって、iOS/Android向けだけでなく、WindowsやmacOS版も用意されているから偉い。Adio Air GTとアプリの接続は、USBかBluetooth MIDIで。アプリで作った音色設定を本体へ転送すると、パネルのスイッチに8つまで登録して、ポンポン選べるようになる。

 アプリのパラメーター操作はリアルタイムに反映されるので、Bluetooth MIDI対応のフットペダルでも作ってもらうと、足元で音色を操作できて便利だろうなあと思う。

ギタリストならこれ一台でOK VOXアンプ「Adio Air GT」が安い

 おもしろいのは、Bluetooth MIDIと、Blutoothオーディオ(A2DP)は、別々の機器から接続できること。例えばTone Roomを起動したタブレットで音色を操作しつつ、別のスマホからBluetoothスピーカーとしてオケを流す、なんてこともできる。

 加えて、USBやAUXのオーディオ入力も同時に鳴らせるから大変だ。USB接続のPCから音源をプレイバックしつつ、AUXにつないだキーボードで音程やコードを確認する、なんてこともできる。ミキサーがなくても、ギタリストだったらこれ1台でなんとかなってしまいそうだ。

DAWで使える「リアンプ」対応

 USBオーディオインターフェース機能も優秀だ。いきなり話は専門的になってしまうが、オーディオのルーティングを変えて「リアンプ」までできてしまう。こいつはびっくり。

 リアンプというのは、生音でギターを録音しておいて、ミックス時にアンプモデルやエフェクトを通し、アンサンブル中のギターサウンドを整える操作。要するに、録音済みのトラックをAdio Air GTで後処理できるのだ。DAWを使って、スタジオっぽい操作ができてしまう。

 そのルーティングは3モード。MODE 1は通常録音用。MODE 2はAdio Air GT経由の信号をLch、生音をRchへ。これで録音しておけば、Rchの生音をAdio Air GTに戻せばリアンプできる。で、MODE 3は、そのRchからAdio Air GTに戻して処理した音を、ステレオで返す。

 ここでAdio Air GTは、プレイバックモニターとして大活躍することになる。小さいなりに音のバランスが取れている必要があったのだ。そしてスタジオ作業に必要な機材が、これ1台でまかなえてしまうのだ。まことに素晴らしい。

ギタリストならこれ一台でOK VOXアンプ「Adio Air GT」が安い

空間系エフェクトはドラッグ

 ちなみに空間系エフェクトをかけ、例のサラウンド機能「Acoustage」をオンにすると、左右への音の飛び出し方が、まあどえらいことになる。病み付き必至のドラッグ感覚だ。ところが、この効果はUSBには出力されず、録音には反映されない。残念。エフェクト単体で発売してくれるか、将来、ステレオ仕様のヘッドアンプに内蔵されることを期待したい。

 ついでに一応は存在する残念なところを挙げると、ファズやコンプのようなプリ系のエフェクトがなく、キャビネットとアンプモデルが抱き合わせでしか選べない。でも、それでちゃんと使える音が出てくるので、文句はない。ファズやコンプは手持ちのストンプボックスを踏んでいこう。

 もうひとつ、同じような値段で買える「MV50」と、8インチキャビネット「BC108」のセットと比べてどうなんだ、という話もあるだろう。家で使うだけならAdio Air GTの方がいい。MV50は、ある程度音量を必要とするリハスタやライブハウス向きだ。

 MV50だってパワー段はデジタルだから、フルに歪ませても音量は自在。でも8インチキャビはローが出ない。練習用としてはストイックでいいのだが、音が小さいとイマイチ盛り上がれない。その点、Adio Air GTは、音量を絞ってもマーシャルのキャビにマイクを立てて録ったようなバランスで鳴る。シミュレーターだから当然と言えば当然だが、プロっぽい音で気分良く弾ける。

ギタリストならこれ一台でOK VOXアンプ「Adio Air GT」が安い

 それにしても、これで3万円を切る価格は安い。一番安いアンプシミュレーターとオーディオインターフェースとパワードモニターをバラ買いしても、この値段にはならない。同様の製品はヤマハにもフェンダーにもあるが、VOXはインターフェース周りが強力。だから宅録や家弾きで盛り上がりたい人向きだ。

 そこで最後に宅録。iPadとUSBでつないで、iOS版のガレージバンドで録ってみた。マーシャルのJCM800をシミュレートしたと思われる「BRIT 800」に、PGMのPTC-P90というギターの組み合わせ。ギターが変な仕様(マホガニーボディーにフェンダースケールのネック、そしてP90タイプのピックアップ)で参考にならないかもしれないが、特徴はしっかり出ている。

 ところで先日、BOSSブランドから「KATANA-AIR」という、卓上ギターアンプが発表された。特徴は「完全ワイヤレス」。ギター用トランスミッター付属で、本体にレシーバーとトランスミッターのバッテリーチャージャーを内蔵している。

roland
画像をクリックすると記事に飛びます

 むむっ。家弾きでもワイヤレスの時代なのか。発売は4月、価格は4万円の予定とか。この卓上デジタルギターアンプというジャンル、特徴ある製品がどんどん出て来て、なんだかおもしろくなってきた。機会があったら、こちらもぜひ試してみたい。



著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ