[パームビーチ(米フロリダ州) 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、対中貿易や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉についてライトハイザー米通商代表部(USTR)代表からブリーフィングを受けた。大統領報道官が明らかにした。

米国は鉄鋼やアルミの輸入を巡る幅広い規制のほか、中国による知的財産権侵害疑惑の調査に基づき懲罰的措置を検討している。

トランプ氏は滞在しているフロリダ州の別荘でライトハイザー代表と会い、中国経済や通商措置のほか、NAFTA再交渉に関する説明を受けた。詳細は明らかにされていない。

NAFTAの再交渉は残り2回で、次回はモントリオールで開かれる。米政府はこれまで強硬姿勢を崩しておらず、カナダとメキシコによる譲歩が協定存続の唯一の道だと主張している。