ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第29回】 2012年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

今年も待ち人はこない、らしい。
12月29日(木)~1月8日(日)

1
nextpage

新年あけましておめでとうございます。今年もムラタ日記は継続します。粛々と日々を綴る新人編集者の日記をどうぞご覧ください。粛々というより、淡々と、です。

待ち人はこないらしい。いや、知ってたけど。

 新年明けましておめでとうございます。打ち切りの危機を乗り越え(たのかどうか定かではありませんが……)、2012年もムラタ日記は絶賛継続中です。

 発行が迫る作品があるため、今年は年末年始も何だかんだ仕事をすることとなりましたが、せっかくなので年明け気分を味わおうと、元旦だけはイベントに。そう、今回は過去例を見ないほど、徒然なるままに日記を書きます。

 日記をご覧いただいている奇特なみなさまも足を運んだのでしょうか? 日本人の心である初詣に行ってみました。

谷保天満宮の初詣
拡大画像表示

 場所は国立市にある谷保天満宮。菅原道真の第三子の道武が開いた、由緒正しい学業の神様です。湯島天神、亀戸天神と合わせて、関東三代天神と言われているみたいです。

 国立市にある高校に通っていたので、国立の街を懐かしみながら高校時代の友人と行ってきました。決して大きくない神社ですが、参拝客は予想以上に多く、0時前にはすでに行列ができています。今となっては何を願ったのかも忘れ、とにかく寒くて死にそうだったことしか覚えていません。

 おみくじを引いたら「末吉」。あまりに微妙すぎたので、写真すら撮っていません。大吉でも大凶でもなく「末吉」というところが、とくに大きな変化もない、淡々とした1年になることを感じさせます。

 とりあえず、今年は「待ち人が来ない」ということが判明しました。知っていることをあらためて文字にされる悲しさといったら、もう。「谷保天満宮は学業の神様だし、縁組には疎いはず」だと信じています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧