[モスクワ 15日 ロイター] - 日本が導入を決定した陸上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」について、ロシアのラブロフ外相は15日、攻撃にも使うことができると指摘し警戒感を示した。

外相は記者会見で、米国はイージス・アショアの運用に関与しないとの主張は疑わしいと述べ、同システムの配備は日ロ関係に影を落とすとの認識を示した。