[ブリュッセル 15日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した11月のユーロ圏貿易収支(季節調整前)は263億ユーロの黒字と、10月(189億ユーロの黒字)や前年同月(238億ユーロの黒字)を上回り、3月(287億ユーロの黒字)以来8カ月ぶりの高水準となった。

ユーロが上昇したにもかかわらず、輸出の伸びが輸入の伸びを上回った。

季節調整後では225億ユーロの黒字。10月の190億ユーロの黒字から増加した。

11月の輸出額(季節調整前)は1975億ユーロと前月の1878億ユーロから増加。輸入額も1712億ユーロと前月の1689億ユーロから増加した。

前年比では輸出が7.7%増、輸入が7.3%増だった。

1─11月では輸出が前年比7.5%増、輸入が10.1%増だった。

11月のユーロ圏内の取引は前年比6.9%増の1655億ユーロだった。