佳食漫遊!ニッポンの郷土料理
【第14回】 2012年1月11日 橋本裕之

八戸せんべい汁――アルデンテな歯ごたえのせんべいに、旨い出汁がしっかり染み込む!

旨いスープがしっかりと染みこみつつ、歯ごたえもある南部せんべいが特長の『八戸せんべい汁』。

「おお! この歯ごたえ!! これぞ、まさしくアルデンテ!!」

 汁を吸ったせんべいは、旨いスープの味を存分に吸収しながらも、適度な歯ごたえを残しており、これが旨い!

 野菜がいろいろ入っていることもあって、スープがとても旨い。聞いたところ、鰹節と昆布の出汁をベースに津軽鶏のエキスがたっぷりと入っており。また、隠し味として、こんがり揚げた青ネギをもスープの味付けに一役買っている。

 そのスープがしっかりと染み込んだせんべいがなんとも言えない旨さだ。

 締めはやはり、B-1グルメにおいて、『八戸せんべい汁』と並んで、青森の代表的なB級グルメと謳われる『十和田バラ焼き』だ。十和田市内では60店以上の店が提供しているという、『バラ焼き』。こちらも『B-1グランプリ』でも上位入賞している。

 この店では『ベルサイユの薔華ったれ』(通称・ベルバラ)十和田バラ焼きゼミナール公認のたれを使用。具材はシンプルに牛バラ肉とたまねぎという潔さ! 醤油ベースの甘いタレがなんとも旨い。そして加熱された玉ねぎにより、さらに甘みが増す。これは白いご飯が食べたくなる味だ。

「ご飯といきたいところだけど、すっかり腹もいっぱいになったので、断念だなぁ」

 『菊駒』の熱燗で、すっかり体もあったまった。

 外の寒さも、つい忘れてしまうような、体の芯からほっとするような青森の味をじゅんぶん過ぎるほど堪能して

「あ~、また八食センターに行きたいなぁ」

と遠く八戸の思い出の地に思いを馳せるのであった。

『十和田バラ焼き』のタレと玉ねぎの甘さと、牛バラ肉の旨味が最高に合う。究極にシンプルなのに旨い!
取材協力:
北の台所 おんじき 新ばし家
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル 2F
電話:03-6435-6601
営業時間:16:30~23:00 定休日:日曜
 

 

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

橋本裕之

飲食店から蔵元訪問など、豊富な食べ飲み歩きの経験から、出版やWEBなどで、食と酒をテーマにした編集やライティングに関わる。過去の執筆に『dancyu』(プレジデント社)、『本格焼酎ぐびなび』(誠Style)など。SSI認定焼酎アドバイザー。ティーコンシェルジュ2級。


佳食漫遊!ニッポンの郷土料理

土地々々の風土に磨かれ、伝え継がれてきた日本の郷土料理を、料理の歴史や地域の慣習などを交えて紹介。その素晴らしさ、味わい深さを再確認していただければ幸いです。

「佳食漫遊!ニッポンの郷土料理」

⇒バックナンバー一覧