[バンクーバー 15日 ロイター] - カナダ政府筋は15日、米国との共同主催でバンクーバーで16日に開く北朝鮮関連外相会合について、北朝鮮に対する制裁を完全履行するための方法などが話し合われるとの見方を示した。

20カ国が参加して開かれる会合は、北朝鮮の核開発断念に向け外交面や資金面での圧力を強化することが狙い。国連は昨年12月、北朝鮮への石油精製品輸出を年間50万バレルに制限することなどを含む追加制裁を採択した。

同筋は、制裁を実施する上で経験が浅い国もあると指摘。「一部の主要国だけでなく、あらゆる場所で確実に制裁を行うための方法について話し合うことはささいなことではない。制裁の徹底が現実問題としてお粗末にならないようにするためにも、こうした協議には意義がある」と述べた。

また米当局者によると、会合では北朝鮮周辺の海上で制裁違反の船舶を取り締まる際の保安強化についても協議するという。

一方、北朝鮮の主要な貿易相手国である中国は、今回の会合は実現できることが限られているとして参加しない方針。

*内容を追加しました