最近の職場では「上司だからといって、偉そうにしたくない」と考える管理職が増えているという。とても民主的で立派な上司に思えるが、このような上司の多くは、いわゆる「ダメ上司」であり、「部下が言うことを守ってくれない」などの悩みを抱えている。その理由や背景を解説する。(株式会社識学代表取締役社長、組織コンサルタント 安藤広大)

ある課長職の相談
部下が「言ったことを守ってくれない」

 ある課長職(A課長)の方から相談を受けました。

「最近、昇格して課長になったんですが、どのようにチームを引っ張っていけばいいのかがわからないんです」

「よくある」相談です。

 プレーヤーとして優秀な成績を残していた人が、高い評価を受けて課長職に昇格する、その途端にどうしていいかがわからなくなってしまう、という相談です。

 A課長の場合、さらに掘り下げて聞いていくと、「部下が自分の指示をしっかりと聞いてくれない」「言ったことを守ってくれない」という事態が続き、自信をなくしているようでした。

 なぜ、そうなってしまっているのかを探るために、ヒアリングを続けました。するとA課長の発言の中から、原因を見つけ出すことができました。

 私が原因を見つけ出したA課長の発言は、次のような発言です。

「部下に○○をやってもらおうと思ってこのように伝えたのですが…」
「部下に強めにお願いをしたのですが…」
「部下にリクエストしたことが…」