1月5日、中国では消費者ローンの証券化が花盛りで、オンラインの小口融資を手掛ける金融会社が資産担保証券(ABS)を発行し、機関投資家から多額の資金を調達している。写真は、アリババ傘下アント・ファイナンシャルのマスコット。浙江省で2016年9月撮影(2018年 ロイター/John Ruwitch)

[北京 5日 ロイター] - 中国では消費者ローンの証券化が花盛りで、オンラインの小口融資を手掛ける金融会社が資産担保証券(ABS)を発行し、機関投資家から多額の資金を調達している。

 しかしこうした金融会社は高水準の負債を抱え、情報開示も不十分だとして当局が監視を強めており、今年は市場の拡大ペースが鈍りそうだ。

 小口融資を裏付けとするABSの発行体の多くはインターネットやハイテク関連企業の金融子会社。最大手はアリババ・グループ・ホールディング傘下のアント・ファイナンシャル・サービシズ・グループで、電子商取引(eコマース)大手の京東商城(JDドットコム)やインターネット検索大手の百度(バイドゥ)の金融子会社などもこの手法で資金を調達している。

 消費者ローンを裏付けとするABSの発行残高は過去2年間で35倍に急増。中国資産証券化分析網によると、2016年の発行高は989億元だったが、昨年は約4894億元(753億6000万ドル)となった。

 金融会社は証券化によって融資をバランスシートから除外することが認められており、自己資本に対する貸出の比率を定めた政府の規制をすり抜けることができる。