[上海 16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種で基本ソフト(OS)を更新すると動作が遅くなる問題で、中国の上海消費者権益保護委員会がアップル側に情報を要請したと新華社が伝えた。19日までの回答を求めているという。

報道によると、書簡は15日に送付され、動作減速に関する説明と問題是正に向けた方針についての情報を要請したという。

中国当局の認定を受けた非政府機関である同委員会には昨年、アップル製品に関して2615件の苦情があり、15年の964件から増加している。