[東京 16日 ロイター] - 麻生太郎財務相は16日の閣議後会見で、「為替は急に上がったり下がったりすることが一番問題だ」と述べた。足元の為替動向や水準については言及を避けた。

麻生財務相はまた、世界経済は「全体として着実に成長している」と指摘。日銀の金融政策にも触れ、2%の物価安定目標に向けて「粘り強くやってきていると評価している」と語った。