[トロント 15日 ロイター] - カナダの探鉱企業RNCミネラルズ<RNX.TO>(旧ロイヤル・ニッケル)は15日、2019年のニッケル・コバルト事業の立ち上げに必要な10億ドルを確保するために、商社や採掘業者、投資家などと協議していると発表した。

RNCがS&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのデータを基に発表したところによると、同事業で採掘する予定のカナダ・ケベック州の鉱山の埋蔵量は硫化ニッケル315万トン、コバルト12万6000トン。

マーク・セルビー最高経営責任者(CEO)はインタビューで、日本の大手商社や「ストリーミング」取引を提案している企業、精錬所への長期供給契約に関心がある採掘業者などと協議していることを明らかした。

ストリーミング取引では将来の生産を約束する代わりに一定の割引価格で現金を前もって受け取ることが可能。CEOは「われわれには資金面での支援を確保する手立てがある」と述べた。

コバルトや高品質のニッケルは、電気自動車に電力を供給するリチウム電池の材料として需要の急拡大が見込まれ、価格も上昇している。

UBSは公道を走る電気自動車の台数が2025年までに1500万台に達すると予想。これにより、ニッケル需要が現在の市場規模の10─40%に当たる30万─90万トン増加するという。

またCRUグループのアナリストは2025年までに電池セクターから年間7万5000トン以上のコバルト需要が生まれるとし、2016年の約4万1000トンから増加するとの見通しを示している。

過去半年間において、ニッケル価格は38%、コバルト価格は27%それぞれ上昇した。

CEOは、現時点では電池メーカーや自動車メーカーとの直接的な協議を行っていないが、そうする用意はできていると述べた。

また開発コストの半分を社債発行により調達することも明らかにした。今年末には資金調達を完了し、来年に2年間の建設プロジェクトに着手するという。