[フランクフルト 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は、ECBが年内に債券買い入れを終了することは適切との見解を示した。

ワイトマン総裁は独紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングとのインタビューで、債券買い入れの年内終了は「現状を踏まえると適切と判断する」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)