ソフトバンクは、ソフトバンクブランドの携帯電話としては初のAndroid Oneシリーズのシャープ製Androidスマートフォン「Android One S3」を1月下旬以降に発売する。

11

 Android Oneシリーズは、グーグルと共同で推進されているプログラムに基づき提供される端末で、シンプルなUIと使い勝手とともに、OSの早期アップデートも前提となっている。これまでは国内では同じソフトバンクでも、Y!mobileブランドでのみの販売だったが、今回初めてソフトバンクブランドでリリースされることになった。

 Android One S3もすでにY!mobile向けに発表済のモデルで、Android Oneのなかではミドルクラスに位置づけられる。シャープ製スマホらしく、フルHD解像度の5型IGZO液晶を搭載。Snapdragon 430(1.4GHz+1.1GHz)、3GBメモリー、32GBストレージなど、十分な性能を持つ。IPX5,8/IP6Xの防水・防塵にも対応するが、おサイフケータイやフルセグ、指紋センサーなどの機能は用意されない。カラバリはネイビーブラック、ホワイト、ピンクの3色。


■関連サイト