[上海 17日 ロイター] - 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の郭樹清主席は17日付の人民日報で、予想が難しく起きた時の影響が甚大な「ブラックスワン」と呼ばれる事象が中国の金融安定を脅かす恐れがあると述べた。

金融システム上のリスクには対応可能だとしながらも、リスクはなお「複雑で深刻だ」との見方を示した。

こうした危険性は、不良債権の増加圧力、金融機関内部の不完全なリスク対応システム、高水準にあるシャドーバンキング(影の銀行)取引、規制違反などに端を発すると指摘し、ブラックスワンの発生により、これらリスクが金融の安定性を覆す可能性があるとした。

その上で、対策として「企業の債務比率を引き下げることに注力するほか、家計の借金を制限し、金融セクター横断的な商品を厳しく管理し、シャドーバンキングを引き続き除去することが必要だ」と述べた。