[東京 17日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点からややドル高/円安の110円後半。東京市場のドルはいったん円高に振れた後、切り返した。市場では国内勢とみられる向きのまとまった買いが、下値を支えたとの指摘が出ている。

この日のドルはまず売りが先行。ドルが下落した海外市場終盤の流れを引き継ぐ形で一時110.19円まで売られ、昨年9月15日以来4カ月ぶり安値をつけた。

しかしその後はじりじりと反発。午後に入り一転110.93円まで切り返した。下値でまとまったドル買いが入ったことをきっかけに、110円割れを狙っていた短期筋が、いったん売りポジションを圧縮したという。

4カ月ぶり安値圏へ下落したドルは、前日も110円前半まで売られた後に、110円後半へ反発した。市場筋によると、心理的な節目となる110円付近では実需や投資家ら幅広い向きが買い興味を示しているもようで「109円台へ下落すれば買い需要はさらに強まり、強い下支え要因となるのではないか」(邦銀)との声が出ていた。

<カナダドル、利上げでも通貨には下落圧力>

きょう海外時間の注目はカナダ銀行(中央銀行)の金融政策決定会合。事前予想は0.25%の利上げだが、市場では今年3回の利上げが既に織り込まれている状況で、実際に利上げが実施されても材料出尽くし感から「予想で買って、事実で売る」展開もあり得るという。

ロイターが市場関係者を対象に実施した為替予測調査でも、加ドルは今後数カ月間で下落する見通し。北米自由貿易協定(NAFTA)見直しや住宅ローン規制強化を巡る不透明感を背景に、利上げが米連邦準備理事会(FRB)に一段と後れをとるとの見方だ。

ストラテジスト40人以上を対象に1月2─4日に実施した調査によると、向こう3カ月で加ドルは対米ドルで1.2700加ドルへ軟化し、その後年末までには1.2500加ドルの水準に回復するとみられている。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 110.84/86 1.2242/46 135.71/75

午前9時現在 110.39/41 1.2269/73 135.46/50

NY午後5時 110.37/38 1.2266/67 135.41/45

(為替マーケットチーム)