[北京 17日 ロイター] - 中国内モンゴル自治区・包頭市は、2017年の歳入を当初の試算から大幅に下方修正したことを明らかにした。「虚偽」の加算が行われたことが一部要因と説明した。

同市が13日にウェブサイトで公表した情報によると、歳入は当初の試算から50%近く引き下げられた。

虚偽の加算を行った人物や経緯は明らかにされていない。

数日前には、内モンゴル自治区と天津市も2016年の財政・経済統計で水増しが行われたことを明らかにしたばかりで、公式統計の信頼性を巡り疑問が深まっている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)