1月17日、トランプ米大統領は、北朝鮮の制裁逃れを手助けをしているとしてロシアを非難した。さらに、北朝鮮が米本土を狙う長距離ミサイルの完成に「日ごとに近づいている」と警鐘を鳴らした。ホワイトハウスでインタビューに答える同大統領(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、北朝鮮の制裁逃れを手助けをしているとしてロシアを非難した。さらに、北朝鮮が米本土を狙う長距離ミサイルの完成に「日ごとに近づいている」と警鐘を鳴らした。

 トランプ大統領はロイターとのインタビューで、「ロシアは北朝鮮問題で米国の助けにはなっていない」とし、「中国が米国に協力した分をロシアが損なっている」と非難した。

 トランプ氏はまた、中国が米国の知的財産権を侵害している可能性があるとし、巨額の「罰金」を科すことを検討していると述べ、報復措置に踏み切る可能性を示した。

 トランプ大統領の発言について、在ワシントンのロシア大使館からコメントは得られていない。

 トランプ氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との対話については、「対話の席には着くつもりだが、問題の解決につながるかは定かではない」とし、対話が有益かどうかを巡り疑念を表明した。トランプ大統領は過去に、金氏との直接対話を排除しない姿勢を示していた。

 トランプ氏は、危機を解決できなかったとしてクリントン、ブッシュ、オバマ氏の直近3人の歴代大統領を批判。自身については、前日発表された健康診断結果を受け、危機を解決できる認知力があることを示唆した。