[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州委員会は18日、米アップル<AAPL.O>が米政府に支払う380億ドルのレパトリ(本国への資金還流)税によって、アイルランドでの追徴課税が軽減されることはないとの見解を明らかにした。

欧州委の報道官は、アップルがアイルランドで不当な税制優遇を受けたとして、同社に対し最大130億ユーロ(160億ドル)の追徴課税を命じる2016年の決定に「何ら変更はない」と語った。

アイルランド財務省の報道官も、米国への納税がアイルランドでの追徴課税に影響する兆候はないとした。

アップルは前日、レパトリに絡む380億ドルの税支払いと、今後5年で米国内に300億ドルを投資する計画を発表した。