筆者はテレビが好きな方です。もちろんネットやケータイの世代に分類されるでしょうが、テレビは娯楽として好きです。

 アメリカから日本のテレビ番組を見ようとすると、これまではケーブルテレビの日本チャンネルに契約する方法が最も早道でした。しかし自分が好きな番組が配信されてくるかわかりませんし、そもそも「コードカット」が進んで、ケーブルテレビの受信機すらなくなりつつある環境で、日本の番組への有効なアクセス手段ではなくなりつつあります。

11
英語版Wikipediaでもアメリカでケーブルテレビの解約が進んだことによる市場への影響などが詳しく説明されている

「コードカット」とはアメリカの家庭で不可欠だった
ケーブルテレビの契約を辞める行為

 「コードカット」とは、それまで米国の大抵の家庭がしていたケーブルテレビや衛星放送の契約を打ち切ることで、この言葉が登場した2010年当初は、80万人ほどと顕在化し始めました。調査会社eMarketerによると、2017年の米国の成人におけるコードカッターは2200万人にまで膨らんだといいます。向こう4年間で、ケーブルテレビや衛星放送の有料契約者数は10%下落する予測も立てられました(http://variety.com/2017/biz/news/cord-cutting-2017-estimates-cancel-cable-satellite-tv-1202556594/)。

 代替となる映像を見る手段として考えられているのが、ネットストリーミングです。その代表格といえるNetflixは、2017年3月の段階で5090万契約を突破し、主要ケーブルテレビの契約者数4860万件を上回ったことが話題になりました。

 単純に考えればケーブルテレビからNetflixに乗り換えが進んでいるのではないかと見ることができますが、Netflixのオリジナルコンテンツを見たくて、ケーブルテレビの契約を残しながらNetflixを利用するパターンもあり、世代間でも差がありそうです。

 ケーブルテレビはたいていの場合、「バンドル」と呼ばれる多チャンネルのパッケージで提供されます。そのため、普段見ない大量の番組の分まで費用を負担しているような形になってしまいます。それが「無駄」と感じることで、ケーブルの契約をカットすることになります。

 既存のケーブルテレビ視聴者にとっては、コードカットに至る段階があるようです。筆者は米国生活を始める際、英語をたくさん聞けるようにとケーブルテレビを契約しましたが、2015年についにコードカットに至りました。

 しかし以前からケーブルテレビを見ていない人、パソコンやタブレット、スマートフォンが生活の中のスクリーンの主体となっている人は、ケーブルの契約に頼らず、最初からオンラインの映像手段に頼ることになるはずです。

コードカットとストリーミング
スポーツ番組をストリーミングだけで満たすことは困難

 こちらでコードカットしてしまって困るのはスポーツ観戦です。多くのジャンルで、以前からの「放映権」による管理が続いているため、オンラインでスポーツイベントを楽しむ手段はほとんどありませんでした。

 たとえば、リオ五輪でも米国チームが活躍(しそうな)試合が地上波で放映される以外は、ケーブルのスポーツチャンネルでの視聴となってしまいました。テレビ局のアプリはApple TVやスマートフォンなどに用意されていますが、実際の視聴にはケーブルテレビのアカウントでログインしなければなりません。

 では、五輪開催の月だけでも料金を支払っても良いと思っていても、その手段が用意されていないのです。ケーブルテレビの契約を復活させないと、オリンピックを満足に楽しめない状態になっており、今年の平昌五輪でも同じような状況が続きそうな気がしています。

 そのため、いまだストリーミングだけでは、日々の映像視聴のニーズを完全に満たすことができないのです。米国に来てオリンピックを夏・冬と4回目を迎えますが、まだまだストリーミングサービスの死角は大きいということです。

 またストリーミングサービスも、1つだけ契約すれば済むか、といわれるとそうではありません。Netflixにないが、Huluでは配信されているコンテンツを見たい場合もあるからです。

 幸いなことに、NetflixとHuluの双方を契約しても20ドル以下に収まり、100ドル取られていたケーブルテレビの料金に比べると十分割安です。同じ事が、HBO Nowなどのケーブルチャンネルのアプリでもいえます。ただ、どんどん契約していけば、結局ケーブルテレビと同じような料金になってしまうでしょう。

 ストリーミングサービスが良いのは、簡単に排他処理ができることです。今月はNetflixで見たいドラマを一気に見る。翌月はNetflixをやめてHuluに入り、そちらのコンテンツを一気に見る。そんな方法を自由に採ることができる点もストリーミングの魅力かもしれません。

日本の番組も少しずつ楽しめるようになってきた

 前述のNetflixやHuluと少し異なるのがAmazon.comです。Amazon.comはプライム会員向けのストリーミングを提供しており、特別な契約をしなくても、多くの番組を見ることができるようになりました。

 そのAmazon.comでは、意外と日本のテレビ番組がアメリカにも配信されるようになってきました。バラエティー番組では「内村さまぁ~ず」が配信されるようになり、個人的にはうれしい対応です。そのほかにも、数多くの映画、ドラマ、アニメ作品がプライム会員向けに配信されてきました。コードカット組としては、Amazon.comをはじめとするストリーミングサービスが日本のコンテンツを充実させてくれることに期待しています。

 ちなみに、アニメのサイマル配信に力を入れているのは、本連載でもたびたびご紹介しているCrunchyroll。最近こちらで話題になっているのが、「ラーメン大好き小泉さん」というアニメです。タイトルどおりに、日本の特徴的なラーメンが毎週2~3杯登場するストーリーで初回は堂々と三田にあるラーメン二郎でした。

 日本のラーメンは、説明が難しいほど多様化しています。スープ、麺、トッピングと構成要素を分解してもそれぞれの種類が膨大。さらに好みだけでなく、その日の気分で店を選ぶという部分も米国の人々に理解してもらいにくいポイントです。「ラーメンは、ラーメンじゃないか?」と言われると、そうじゃないんだけどなあと思いつつ……。

 アニメが海外の人々に、ラーメンに関するハイコンテクストを伝えてくれるのかどうか、とても気になるところです。少なくとも、作品内で紹介されている東京近郊のラーメン屋さんに訪れる外国人が増えるかもしれませんね。

 バークレーには昨年、豚骨ラーメンの一風堂がオープンし、サンフランシスコにも進出し始めました。そのほかにもすでに、Orenchi、Menshoなど、定評のあるラーメン店が成長しています。ただいずれも人気店で行列不可避なところをみると、なかなか簡単にアクセスすることはできません。

 本連載でも筆者が取り組んでいることをお伝えしているダイエットが念頭にある手前、ラーメンにそんなに積極的になるべきじゃないかもしれませんが、やっぱりおいしいですよね。


matsu

筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura