CES_SmartSpeakers
harman/kardonのAlexa搭載スマートスピーカー「Allure Portable」

 2018年のCESは「AIアシスタント」まわりのトピックスで大いに賑わっていた。グーグルやアマゾンのスマートスピーカーは日本では昨年の秋以降に発売されたばかりだが、本場アメリカではもう“その次”にあたるデバイスやサービスが誕生を間近に控えていた。今回はAIアシスタントに関連するCESで見つけたトピックスをまとめてみよう。

あのオーディオブランドもスマートスピーカーを発表

 Google アシスタントやAmazon Alexaのプラットフォームとワイヤレススピーカーの融合は日本よりも早く米国で進んでいた。そのため既発売のものも含めてCESの会場では、日本で発売されていないあの有名スピーカーブランドの新製品も見つけることができた。

 harman/kardonが発表した新製品は。Alexa搭載のスマートスピーカー「Allure Portable」だ。まだ招待制販売ではあるものの、日本でも同社のAlexa搭載スマートスピーカー「Allure」が発売されている。しかしこちらはバッテリーを内蔵したポータブルタイプ。

CES_SmartSpeakers
バッテリーを内蔵して、写真左のAllureより本体を小さくした

 専用の充電ベースでチャージしてから、Wi-Fiがつながる宅内のいろいろな場所に持ち歩きながら楽しめる。フル充電から最長10時間の連続リスニングに対応した。Wi-Fi経由なら96kHz/24bit音源のデコード再生ができるほか、Bluetoothリスニングも可能。

 Allureよりひとまわり小さくなった本体には20W×2のデジタルアンプと、1.75インチのフルレンジスピーカーユニットを2基、2つのパッシブラジエータを内蔵する。デザインもAllureとテイストを揃えて、落ち着いたカーボンブラック系の筐体に天面にスケルトンのパーツを組み合わせている。アメリカでは199ドル(2万2000円)で春に発売を予定している。

リファレンスクラス“Heritage”にAlexaもGoogle アシスタントも

 CESでクリプシュ(Klipsh)は、AlexaとGoogle アシスタントの両方を、同社のワイヤレススピーカーに積極的に取り込んでいく戦略を発表した。先に対応するのはAlexaの方で、DTS Play-Fi採用のサウンドバーやワイヤレススピーカーのファームウェアをアップデートして、2018年前半に対応させる。

CES_SmartSpeakers
クリプシュのAlexa対応「The Three」

 リファレンスクラスの“Heritage”シリーズのワイヤレススピーカー「The Three」もその対象で、上品なウッドキャビネットを採用。いかにも“音のいいスマートスピーカー”といった佇まいだ。

CES_SmartSpeakers
Google アシスタント搭載の「The One」

 Google アシスタントの方はこれより少し遅れての対応となるが、ウッドキャビネットの“Heritage”シリーズから「The Three」と「The One」が、Google アシスタントをビルトインした商品として発売される。The Threeは今秋、The Oneは2019年春の発売予定だ。

UEは防水仕様のスマートスピーカーを投入

 Ultimate Earsのワイヤレススピーカー「BOOM」シリーズには、アメリカから先行するかたちでAlexaを搭載する「BLAST」と「MEGABLAST」が発売されている。今年は日本でも発売する予定だ。

CES_SmartSpeakers
UEの「MEGABLAST」(写真左)と「BLAST」はAlexa搭載
CES_SmartSpeakers
専用の充電ベースでワイヤレス充電ができる

 360度に音場を広げる立体サウンド設計が特徴。防水仕様なのでキッチンやお風呂場、アウトドアで快適に音楽再生が楽しめる。どちらの機種もバッテリーが内蔵されているポータブルスピーカー。BLASTは12時間、MEGABLASTは16時間連続で音楽再生が楽しめる。本体に付属する専用の充電ベースでワイヤレス充電が可能。参考までにアメリカの販売価格はMEGABLASTが299.99ドル(約3万2000円)、BLASTが229.99ドル(約2万5470円)だ。

独自プラットフォーム展開含め、毛色の違った韓国2大メーカー製品

 LGエレクトロニクスもスマートスピーカーを発売する。

CES_SmartSpeakers
LGのGoogle アシスタントを搭載するスマートスピーカー「WK7」

 LGについてはこの後で触れるが、CESのタイミングで独自のAIプラットフォーム「LG ThinQ(シンキュー)」の立ち上げを宣言した。

CES_SmartSpeakers
LGは独自のAIアシスタントによるプラットフォーム「LG ThinQ」を発表

 3年ほど以前からインターネット対応のスマート家電を「SmartThinQ」というプラットフォームにつないで、スマホアプリからコントロールできる機能をアピールしてきた同社だが、いよいよ独自のディープラーニングエンジンやボイスアシスタントを乗せて“考える家電”への進化を加速させる。

 自前のAIプラットフォームを搭載するスマートスピーカーは既に韓国や欧州で発売しているのだが、今回のCESではさらにグーグルとのパートナーシップを強化していく方針も示し、Google アシスタント搭載のスマートスピーカー「WK7」を発表した。

 LG独自のThinQとハイブリッドで対応する。特徴はスピーカーの設計や音質のチューニングを英メリディアン・オーディオが担当していることだ。

ヘッドホン・イヤホンもAIアシスタント対応が加速する

 ヘッドホン、イヤホンにもAIアシスタントを搭載する製品が数多く発表されたことは先のレポートを参考にして欲しい。日本でいち早く試せるようになる製品はおそらく2月中旬発売予定の「Jabra Elite 65t」になるだろう。AlexaとGoogle アシスタントにハイブリッドで対応した完全ワイヤレスイヤホンだ。

CES_SmartSpeakers
Jabraの完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」はマルチAI対応

 ソニーも昨年発売の1000Xシリーズの3機種がソフトウェアアップデートでGoogle アシスタント対応になる予定。対応機種は「WM-1000XM2」「WI-1000X」と「WF-1000X」のほか、h.earシリーズの「WH-H900N」だ。国内での対応については正式なアナウンスを待ちたい。

CES_SmartSpeakers
ソニーの1000Xシリーズの最新モデルもファームウェアのアップデートでGoogle アシスタント対応になる

スマートスピーカー+ディスプレーという新提案

 アメリカではアマゾンがAlexaを搭載するスマートスピーカーにディスプレーを合体させた「Amazon Echo Show」というデバイスを発売している。

CES_SmartSpeakers
アマゾンがアメリカで発売するディスプレー搭載のスマートデバイス「Echo Show」

 スマートスピーカーを使っていて、音声だけでのやり取りだと、例えば天気の検索結果をスピーカーが読み上げてくれても頭に入りづらく感じることはないだろうか。料理のレシピも然りだ。EchoスピーカーはAmazonのECサイトでお買い物ができる機能を特徴としているが、音声検索でヒットした商品情報がビジュアルでもわかればありがたいのにと思う場面は多々ある。そんな現状のスマートスピーカーが抱える弱点を克服してくれそうなデバイスが画面付きの“スマートディスプレー”だ。

CES_SmartSpeakers
グーグルもAIアシスタントを搭載、またはChromecast built-in機能で連携するスマート家電を自社のブースでアピールしていた

 このアマゾンの展開に対抗して、今年CESのタイミングでグーグルが発表した新しいデバイスがスマートスピーカーにディスプレーをくっつけた「Google Smart Display」だ。

 規定は8~10インチのディスプレー、ワイヤレススピーカー、マイク、フロントカメラが乗っていることと、OSにグーグルのIoTデバイス向けプラットフォームである「Android Things」を搭載していることである。

 CESのタイミングではレノボとLG、JBLが新製品を発表していた。

CES_SmartSpeakers
レノボは8インチと10インチのGoogle アシスタントを搭載したスマートディスプレーを発売する

 レノボは8インチと10インチの「Lenovo Smart Display」を発表。LGの「WK9」はオーディオまわりをメリディアンがコラボ。JBLの「LINK VIEW」は8インチのHDディスプレーや96kHz/24bitのハイレゾ音源のデコード機能を乗せている。このほかにソニーが新しいデバイスの開発パートナーとして発表されているが、CESのタイミングではソニーからまだアナウンスがなかった。そしてGoogleが自社ブランドで展開するスマート・ディスプレーも今のところ発表されていない。

CES_SmartSpeakers
LGのGoogleスマートディスプレー「WK9」はメリディアンがサウンドをチューニング
CES_SmartSpeakers
JBLのGoogleスマートディスプレー「LINK VIEW」

 Google フォトやマップ、ビデオ通話にYouTubeなどもスマートディスプレーで楽しめるようになると便利さが実感できそうだ。気になるのは日本国内での展開だが、グーグルは「まず北米で夏にスタート。以降世界展開を順次検討していく」とコメントしている。いまスマートスピーカーの使い勝手に不満を感じているユーザーのため、なるべく早く日本導入も決定してもらいたいものだ。

リビングのスマートテレビもAIアシスタントを搭載

 そしてAIアシスタントをテレビに搭載する戦略もLGとサムスンが大々的に発表した。

 LGは先述のThinQとGoogle アシスタントの両方を2018年発売の有機ELテレビ、液晶テレビの上位モデルに積んでくる。前者でLGのスマート家電とのホームネットワーク機能を主に管理して、Googleのプラットフォームにもハイブリッドで乗り入れる構えになりそうだ。

CES_SmartSpeakers
LGは2018年モデルのスマートテレビにThinQとGoogle アシスタントの両方のAIプラットフォームを搭載していく
CES_SmartSpeakers
Google アシスタントはリモコンのボタンをクリックしてさらにOKグーグルをトリガーにして起動するようだ
CES_SmartSpeakers
テレビから宅内の様々なスマート家電が操作できるようになる

 LGでは自社ブランド以外のスマート家電機器との連携についても、2016年に立ち上がったスマート家電・IoTデバイスのための標準規格団体「OCF(Open Connectivity Foundation)」のパートナー企業と一緒にオープンなコネクティビティを確保していく考えを表明している。スマート家電の製品がもっと増えてくることも条件になるが、これから2~3年のうちに同じOCFに加盟するLGとサムスンのスマート家電がつながって、それぞれのAIアシスタントを使って音声コマンドで操作ができる環境が現実のものになるかもしれない。日本の家電メーカーも輪の中に加わることになるだろう。

CES_SmartSpeakers
サムスンも独自のAIアシスタント「Bixby」をスマホ以外のスマート家電に広げていく

 サムスンは2017年モデルのGalaxyシリーズのスマホに搭載するAIアシスタント「Bixby」を、2018年モデルのスマートテレビや、フロントドアにディスプレーを搭載するスマート冷蔵庫「Family Hub」シリーズに搭載していく。“リビングとキッチン”のふたつをスマートホームの司令塔として、AIアシスタントを活用した豊かな生活を提案する。残念ながらBixbyは日本で使えないし、サムスンのスマートテレビ、スマート家電が日本では発売されていないため、CESの発表はいずれも海の向こうでの出来事になってしまうのだが、今後のエレクトロニクスが向かうトレンドを知るうえではぜひ抑えておきたいトピックスだ。

CES_SmartSpeakers
さらにサムスンのグループであるSmartThingsのIoTデバイスとも連携。インターホンのカメラが捉えた映像をテレビでチェックすることも可能
CES_SmartSpeakers
Bixbyを搭載したサムスンのスマート冷蔵庫

テレビに「OK, Google」と話す……ことへの課題

 ソニーはアメリカで発売しているAndroid TVを搭載したブラビアシリーズで、Google アシスタントにソフトウェアアップデートで対応している。2018年に発売する新製品についてははじめからビルトインした状態で提供する。スマートスピーカーとできることは同じだが、ウェイクワードである「OK, Google」を付属のリモコンのボタンを押してから発声しなければならないので、使い勝手として満足のいくものになるか疑問だ。

CES_SmartSpeakers
ソニーのブラビアも北米モデルがGoogle アシスタント搭載にアップデートされた

 なおLGのテレビもGoogle アシスタントをアクティベートするためには、リモコンのボタンを押してからウェイクワードを発声する必要があるので、Googleが決めたガイドラインなのかもしれない。

CES_SmartSpeakers
ブラビアはAlexa搭載のスマートスピーカーからスキルを呼び出して操作も可能

 音声で検索した結果がテレビ画面にも、表示されて視覚的な情報と合わせて理解を促せるところは便利だと思うが、そもそもテレビの電源をオンにしていない状態から、音声コマンドを受付けてスマートスピーカーと同じふるまいができるのか、あるいはその必要があるのかなど、「AIアシスタント+テレビ」のコラボレーションにはまだUIとUXの面で色々と解決すべき課題がありそうだ。ブラビアが日本でのGoogle アシスタント対応についてまだ「検討中」としている理由もここにあるのかもしれない。

 パナソニックのビエラシリーズについてはAIアシスタントに関連する発表がなかった。代わりに欧州で発売するUHD BDプレーヤーの上位機種にAmazon Alexaを搭載するスマートスピーカーと連携して、ディスクコンテンツの再生・一時停止、早送り・戻しなどシンプルなコマンドを音声で操作できるようになるスキルが追加されるらしい。

CES_SmartSpeakers
パナソニックの欧州モデルのUHD BDプレーヤーがAlexa対応になる

 日本国内でパナソニックは録画機と再生機の両方を展開しているが、それぞれに2018年モデルはAlexa対応になるのか注目だ。なお、同社は車載エンターテインメント機器でAlexaとGoogle アシスタントによる音声オペレーションに対応することをカンファレンスで発表している。

CES_SmartSpeakers
パナソニックは車載エンターテインメントシステムをGoogle アシスタントとAlexa対応に

Alexa搭載の三面鏡で、バスルームからスマート家電を操作

 最後にアメリカのKOHLERというブランドが、AlexaのAIアシスタントとスマートスピーカーの機能を合体させた三面鏡というユニークな製品を発表していたことをお伝えしておこう。

CES_SmartSpeakers
アメリカのKOHLERが発表したスマート三面鏡「Verdera」

 同社ではKOHLER Connectと名付けられた、スマホアプリで操作できるキッチン、バスルーム向けスマート家電のプラットフォームを開発。アメリカと中国で商品を発売している。今年はそれぞれにスマートスピーカーによる音声操作も組み込んでいくという。

CES_SmartSpeakers
スピーカーとマイクを内蔵。スマートスピーカーと同じ使い勝手を実現している

 CESではバスルームのコントロールセンターとしてスマート三面鏡「Verdera」を発表。内蔵するLEDライトのディミングや色調整が音声操作でできるほか、内蔵スピーカーで音楽ストリーミングのリスニングも楽しめるというユニークな製品だ。今年は日本国内でもスマートスピーカーの枠を超えた様々なスマート家電が商品化されることを期待したい。