[18日 ロイター] - 英金融大手HSBCホールディングス<HSBA.L>は18日、外国為替の不正取引を巡って罰金など1億0150万ドルを支払うことで米司法省と和解した。

ブルックリンの米連邦地方裁判所に提出された文書によると、内訳は罰金が6310万ドルで、顧客企業への賠償も3840万ドルに上る。

HSBCは内部統制を強化することで司法省と合意したほか、18日に訴追された2件の通信詐欺事件で容疑を認めた。

ブルックリン連邦地裁の陪審は昨年10月、HSBCのグローバル為替取引の元責任者が顧客企業との取引で不正行為をしたとして有罪評決を下していた。