ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

三菱東京UFJ銀の見える化革命に学ぶ
社内ウェブの基本の「き」

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第1回】 2009年8月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 出社してパソコンを立ち上げる。そのあと目にする会社のウェブには、あまり良いイメージを持っていない人が多いのではないだろうか。

 しかし、そのウェブを作った担当者からすれば、「われわれも頑張っているのだ」というのが本音だろう。確かに、社員の一人ひとりを満足させてあげられるような社内コミュニケーションのシステム化は、至難の業だ。それも数万人の従業員への情報流通といったら気が遠くなる話だろう。

 ところが、保守的なイメージが強いある大銀行で、「社内ウェブ」による情報流通のベスト・プラクティスが実践されていると言ったら、読者諸賢も驚かれるのではないか。

 いまや情報戦を超えた情報洪水とも言える状況に入り、多くの企業では社内の情報流通は問題だらけだ。現場は悲鳴を上げ、情報を垂れ流す本社に不信すら抱いている。結果として、知るべきことを知らないことも日常茶飯事だ。

 そんな時代背景の中で、三菱東京UFJ銀行は数年に渡って社内の情報流通に地道に取り組んできた。特筆すべきは、先進的な情報システムだけでなく人の力との組み合わせで実践していることだ。まだ発展途上だが、そこには多くの企業が学ぶべき教訓がある。

各本部から降ってくる情報の雨から
ユーザー本位の情報伝達へ

 筆者は、三菱東京UFJ銀行の事例は、様々な社内コミュニケーションがある中で、本社・本部からの情報の伝達という基本中の基本のモデルとしてみることができると考えている。

 このベスト・プラクティスの源流は合併前の両行で行っていた改革であった。旧東京三菱銀行では仕組みの整備による情報発信の交通整理に取り組み、旧UFJ側の改革も組み合わせて、2006年に三菱東京UFJ銀行の新たなプラットフォームを構築した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

グループウェアに始まり、ナレッジマネジメント、最近ではEIP(企業内情報ポータル)と、話題の概念で語られ続けてきた社員向け情報システム。企業にとって永遠の課題である社内ウェブの理想的な作り方を、先進事例を紹介しながら探る。

「本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ」

⇒バックナンバー一覧