[東京 19日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の110円後半。米国の政府機関閉鎖に対する警戒感でドルの上値は抑制された。為替市場では、全般に気迷いムードが広がっているという。

米国では、つなぎ予算の期限が迫っており、19日までに新たな予算措置が決まらなければ連邦政府機関が一部閉鎖に追い込まれる。米予算を巡る先行き不透明感を映して、ドルは高値111.13円から110.78円まで下落した。

直近で米政府機関の閉鎖が起きたのは2013年10月。オバマ前政権の医療保険制度改革法(オバマケア)向け支出を巡る与野党の対立が原因だった。この時は約2週間ほどで再開された経緯もあり、「閉鎖された場合でも長くは続かない。下がったところは押し目買いの好機」(国内金融機関)との声も聞かれた。

「為替市場は総じて気迷いで、明確なトレンドが出ていない。米政府機関閉鎖の可能性や、IMF(国際通貨基金)が米国の成長見通しを上方修正するという予想など、目先の材料に振らされ、ドル/円は金利離れしている」とマーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表、亀井幸一郎氏は指摘している。

米10年国債利回りは、ニューヨーク終盤とほぼ変わらない2.6277%付近。

米国債市場では、米アップルが米政府に支払う380億ドルのリパトリ税の資金捻出のために米国債を換金したなどといった憶測が出ていたが、「そもそもキャッシュ・リッチな企業が、運用を取り崩す必要があるのか」(同)との指摘もある。

日銀が実施した長期・超長期国債を対象とする買いオぺは、通知された購入額が前回から据え置かれ、市場の反応も限定的だった。

9日のオペでは予想外の減額に反応し、債券利回りが上昇して円高を招いた。ただ、早期利上げ期待の高まりと円高は日銀が意図したものではないとの見方から、「来週、決定会合後の会見で黒田総裁は火消しに回るだろう。日銀の正常化の思惑を材料にした円買いも終わる」(邦銀)との声も出ている。

ロイターが18日発表した市場関係者を対象に行ったアンケート調査の結果では、日銀が金融引き締めに動くとすれば2018年後半となる可能性が高いとみる向きが多く、当面の金融政策は据え置きが予想されている。[nL3N1PC28M]

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 110.87/89 1.2258/62 135.92/96

午前9時現在 111.02/04 1.2232/36 135.82/86

NY午後5時 111.09/13 1.2237/40 135.96/00

(為替マーケットチーム)