[メキシコ市 18日 ロイター] - メキシコは18日、同国は世界一危険と述べたトランプ米大統領のツイッター発言を一蹴するとともに、米南部国境の壁建設費用は負担しないとの立場を改めて表明した。

メキシコ外務省は「メキシコは暴力に関して重大な問題を抱えているが、世界一危険な国というのは明らかに誤りだ」との声明を発表した。

昨年11月までの1年間にメキシコで開始された殺人捜査は2万3101件で、年単位では1997年の統計開始以来最多となった。

ただ、世界銀行のオンラインデータベースで使用されている国連の統計では、最新の数字となる2015年時点のメキシコにおける殺人発生比率は10万人当たり18.7人で、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、ホンジュラス、エルサルバドルなど中南米諸国の水準を大きく下回っていた。