1月17日、米連邦準備理事会(FRB)が徐々に利上げを進めているため、米商業銀行はようやく融資金利を引き上げられるようになり、追い風を感じている。写真はニューヨークで2015年5月撮影(2018年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が徐々に利上げを進めているため、米商業銀行はようやく融資金利を引き上げられるようになり、追い風を感じている。しかし預金金利の引き上げ時期を問うと、銀行幹部から返ってくる答えは「当面は予定していない」だ。

 セントルイス地区連銀のデータによると、米商業銀行が預かっている預金額は現在11兆9500億ドルと、過去最高だった昨年11月の11兆9900億ドルに近い。しかし、FRBが4回利上げして政策金利を1.25─1.5%としたにもかかわらず、預金者は100ドルの預金に対して数セント(0.01ドル)しか金利をもらえていない。

 バンクレート・ドット・コムの金融アナリスト、グレッグ・マクブライド氏の調査によると、米3大商業銀行のJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ(BOA)、ウェルズ・ファーゴはいずれも、1年物預金金利を引き上げていない。

 ジェフリーズの銀行アナリスト、ケン・ウスディン氏によると、過去の景気拡大局面では、翌日物金利が1%ポイント上がると、預金者は金利が少しでも高い金融機関へと預金を移し始める傾向が強かった。しかし今回は、2008年に翌日物金利が実質ゼロまで下がった後、あまりにも長い時間をかけて「すずめの涙」ほどまで上昇したとあって、預金者の腰も重い。

「(預金者が動き始める)マジックナンバーは幾らなのだろう、と悩み続けている。もっと目を引くような、1.5%ポイント程度の上昇なのかもしれない」とウスディン氏は言う。