DSDS対応機や4型のコンパクトモデルも!
用途や目的を決めて、割り切って使いたい

 ASCII編集部が注目したSIMフリースマホをピックアップして紹介する本特集。【高性能機編】【3~4万円台編】【2万円台編】と掲載してきたが、SIMフリースマホの最後は2万円以下で購入できる【1万円台編】だ。

11
ASUSのエントリー機「ZenFone Live」はライブ配信中にリアルタイムで美顔処理を行なうなど、特徴的な機能を持つ

 ミドルクラスに注目モデルが集まっているため、1万円台、それ以下の価格帯のスマホは台数も少なくなったが、DSDS対応のハイスペック機や4型のコンパクトモデルなど個性的な製品もある。とはいえ、性能的にはやや厳しい部分もあるので、サブ用や通話用など用途や目的を決めてから購入したい。

人気SIMフリースマホ
【海外旅行用のサブ機や割り切って使うなら! 1万円台編】

●ASUS「ZenFone Live
●gooのスマホ「g07
●gooのスマホ「g06+
●Alcatel「SHINE LITE
●BLU「GRAND X LTE
●TCL「Alcatel PIXI 4

ただのコンパクトエントリー機ではない
動画ライブ配信機能特化の機能を持つ「ZenFone Live」

 ASUS「ZenFone」シリーズのエントリー機。実売価格は約1万8000円と現行で最も安価なZenFoneだが、“Live”という製品名からもわかるように、ライブ配信に特化した各種機能が搭載されている点もアピールポイントとなっている。

11
写真のローズピンクのほか、ネイビーブラック、シャンパンゴールドの計3色

 ZenFone 4シリーズでも標準機能となっている「美人エフェクトLive」では、FacebookやYouTubeなどのSNS用アプリと連携。動画のライブ配信中にあらかじめ設定しておいたレベルで、リアルタイムで美顔処理をしてくれる。またサウンド面でも端末の上下にあるマイクが、ノイズキャンセリング機能との組み合わせにより、騒がしい場所でもしっかりと音を伝えてくれるという。

 スマホとしての主なスペックは、HD解像度(720×1280)の5型液晶、クアッドコアのSnapdragon 400(1.4GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ、2650mAhバッテリー、Android 6.0など。au VoLTEにも対応している。重量も約120gと軽量で、普通の安価なコンパクトスマホとしても魅力的。カラバリはネイビーブラック、シャンパンゴールド、ローズピンクの3色が用意されている。

強化モデルも登場した中、価格が下がってお手頃に
“gooのスマホ”「g07」

 約2万円の価格にも関わらず、フルHD解像度のディスプレーやDSDS対応など、圧倒的なコスパで登場時に話題になった“gooのスマホ”「g07」。メモリーやストレージ、液晶パネルなどが強化された「g07++」が登場しているが(ただし価格もアップ)、g07も税抜1万7800円と価格を下げて、継続して提供されている。

201617smartphone
1万円台でDSDSにも対応する“gooのスマホ”「g07」

 主なスペックは、フルHD解像度の5.5型IPS液晶、MediaTek製オクタコアCPU「MT6750T」(1.5GHz+1GHz)、3GBメモリー、32GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、タッチ式指紋センサー、3000mAhバッテリーなど。OSもAndroid 7.0へのバージョンアップが用意されており、価格を考えれば今でも十分に通用するレベルだ。

11
11
背面はメタル素材を採用。タッチ式の指紋センサーも搭載する

税抜7800円で4型ディスプレーのコンパクトスマホ「g06+」
まずまず実用的なスペックも魅力

 今では希少な4型のコンパクトサイズと税抜7800円の価格が、サブ端末用にうれしい“gooのスマホ”「g06+」。

11
2GBメモリー、16GBストレージと十分に実用的になりそうな「g06+」

 4型液晶(480×800)で横幅約63.2mmのコンパクトさと、他のスマホにはない明白な特徴を持ち、通話専用や旅行時のサブ端末など使い方は色々考えられる。そのほかのスペックは、MediaTek「MT6737M」(クアッドコア、1.1GHz)、5メガカメラ(イン2メガ)、1700mAhバッテリー、Android 7.0など。カラバリはgooRed/イエロー/ライトブルー/ブラック/ピンク/インディゴの6色が用意されている。

Alcatelの安価なモデル「SHINE LITE」
今は1万円台で購入できるお手頃モデル

 「SHINE LITE」はデザインが魅力のAlcatelのエントリー機で、実売価格が下がり、今では1万円台後半。スペックはHD解像度の5型液晶、CPUはクアッドコアのMediaTek MT6737(1.3GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン5メガ)、2460mAhバッテリー、Android 6.0など。価格相応ではあるが、指紋センサーを搭載しているのはプラス要素。

11
Alcatelの安価なモデル「SHINE LITE」

 注目したいのはデザイン。高級感があるとまでは言いがたいが、背面にはガラス素材を使用。ラウンド処理に加えて、ピュア・ホワイト、サテン・ゴールド、プライム・ブラックという3色のカラバリはシンプルながらも、どれも個性的で美しい。エントリー機の価格帯でも安っぽいスマホは嫌だという人にもオススメできる。au VoLTEにも対応し、UQ mobileからもセット販売で提供されている。

11
11
ピュア・ホワイトは側面はシルバー。背面には指紋センサーも
11
11
ゴールドとブラックも

アメリカのSIMフリースマホ市場で人気のBLUが日本上陸

 日本とおなじく、キャリア販売のスマホが中心のアメリカだが、そのアメリカのSIMフリースマホ市場でシェア1位を獲得したこともあるという「BLU」の端末。LTE対応の「GRAND X LTE」はスペック的にはエントリークラスだが、メタル素材の採用など、高級感のある筐体が特徴となっている。価格は現在は約1万円。

11
金属筐体採用のBLU「GRAND X LTE」

 スペックは、HD解像度の5型液晶、クアッドコアのMediaTek「MT6737」(1.25GHz)、1GBメモリー、8GBストレージ、8メガカメラ(イン5メガ)、2400mAhバッテリー、Android 7.0など。端末のアップデート機能にスパイウェアが含れていたことが海外で報道されたが、日本で販売している最近の端末については、グーグル標準の機能を用いることでその問題はないと同社はコメントしている。

約1万円のAlcatelブランドのエントリー機「PIXI 4」

 AlcatelブランドのIDOLシリーズで知られるTCLコミュニケーションから発売された、約1万円の「PIXI 4」。MVNOからのセットモデルを始め、家電量販店などで販売されている。

 スペック的には完全にエントリークラスで、FWVGA(480×854ドット)の5型液晶、MediaTek製のクアッドコアCPU(MT6735M 1GHz)、1GBメモリー、8GBストレージ、5メガカメラ(イン2メガ)、2000mAhバッテリー、Android 6.0など。カラバリはダークグレイ、メタリックシルバーの2色。

11

 次回はLTEに対応したSIMフリーのAndroidタブレットを紹介する。最近では新製品を積極的にリリースしているのはファーウェイくらいになったが、2~3万円のお手頃モデルが買いとなっている。お楽しみに!


■関連サイト