実用への転換期
伝説のVR装置「CABIN」

 私のVR研究歴の中で、最も印象深いものの一つが「CABIN」です。それまで、VRには無関心だった産業界の研究者もVRに注目するきっかけを生んだ研究です。

「CABIN」とは1997年に東大農学部キャンパスに建設された、当時としては世界最大のVR装置です。さきほど申し上げた通り、当時のHMDクオリティは著しく低かったので、その代替手段として大型プロジェクターを採用しています。大型プロジェクターならば、当時すでにハイビジョンクオリティの解像度を有するものが存在し、全天周の高精細な立体映像を作り出すことができたからです。

 CABINができるまで、世界最先端のプロジェクター型VR装置は、1992年に米国のイリノイ大学が発表したCAVEでした。CAVEは約3m四方のスクリーンを壁3面と床面の計4面に配し、立体映像に囲まれた部屋を作り上げ、ユーザーの頭に磁気式の位置センサーを設置して、ユーザーの視点から見た映像をそれぞれのスクリーンに描画するIPT方式の嚆矢です。

 CABINではCAVEのような4面のスクリーンに加え、天井にもスクリーンを加えて面数を計5面と増やしました。わずか1面の増加でしたがその効果は絶大で、ユーザーが見回したときに表示される仮想物体が、スクリーンの端から外れてしまう確率が著しく低下したのです。もちろんそのためには、床面を強化ガラスにしなければいけないなど、大変な苦労がありました。バーチャルに作られた3D物体を思い通りに眺められる高精細度の視野が確保できたことによって、自動車メーカーなど産業の研究者らがVR技術に注目し始めたのです。

IPTとは?
「Immersive Projection Technology」の略で、VR技術の一つで、非常に優れた高精細度と高臨場感をあわせもつ映像を体験できるのが特徴。日本独自のIPTを作ろうという気運が盛り上がり、その波に乗って制作されたのが「CABIN」である。